フィッシングメール 楽天 | ハッピーアイスクリーム

フィッシングメール 楽天

生活

今朝、少し寝ぼけながらスマホでメールチェックしてた夫が「あ、俺の楽天やばいかも」と。

どうしたの?と尋ねると「不正ログインされたかも~」というので、さらに詳しく聞いてみるとそんなメールが届いたとのことでした。

とっさにおもいついて「それって、フィッシングメールじゃないの?」というと、「あー・・・・そうだわ、やばい、URL踏むとこだった」と危機一髪でひっかかるのを阻止することができました。

どうしてこんなわかりやすい手口に割とこういったことには慣れている夫がひっかかりかけたのかというと、「ちょうど昨夜、珍しく楽天にログインして買い物をしたから」でした。

「自分はぜったいにだまされないぞ」と普段から気を付けていても、ちょっとした偶然の一致で詐欺の可能性が頭から抜け落ちてしまい、引っかかってしまうこと意外とあると思います。

私も以前、珍しくamazonプライム会員を登録している間に「amazonプライムの支払い方法が変更されました」なんてメールが届いたものですから、あわやURLリンクを踏んでしまいそうになったことがありました。

基本、メールからリンクを踏んでジャンプするのは避けたほうが良いですね。いつもカード会社のアカウントにログインする際にはGoogleで検索してtopに出たものから飛ぶように気を付けています。

そしてそんな私もその後メールチェックしてみると、2通ほど迷惑メールに入っていました。1つはJCBから、もう1つはおそらく夫に来たものと同じ楽天のフィッシングメールですね。

楽天を装ったフィッシングメール

2つめのJCBのやつみたいにわかりやすく文字化けしていてくれれば、さすがに引っかからないんですけどね。

調べてみたらフィッシング詐欺に強いセキュリティソフトなんていうものもいくつか発売されているようなので、子どもたちもネットショッピングを利用する年齢になることでうし、今後はこういったものを問い入れたほうがいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました