ミステリと言う勿れ 七巻 | ハッピーアイスクリーム

ミステリと言う勿れ 七巻

ミステリと言う勿れ

ミステリと言う勿れという、BASARAや7SEEDSなどを書いている田村由美さんの漫画を、先日amazonで試し読みしました。

以前から本屋に行くとポップで推していたり在庫が山積みになっていたりと「人気のある漫画なんだろうな」とは思っていたものの、新刊で手に取るのものなぁと思い様子見していました(中古は当然のようにない、ちょっと古い7SEEDSですらないから田村由美さん人気はすごい)。

ところがamazonで1巻と2巻が無料で試し読みできたため見てみたところ・・・めちゃくちゃ面白い!

主人公の久能整くんの言動がとにかくおもしろい。ネットなどでも以前から彼の名言をいくつか目にしていましたが、なんとも個性的・・・。

そしてなによりそれぞれの事件の真相を知ると「そ、そういうことだったのか!!」と毎回なってしまいます。娘と話したところ「私は事件のことはそんなに驚かなかったんだけど」と言っていたので、私の頭がよくないのかもしれませんが・・・。

というわけで、思い切って3巻から7巻まで(ケチなので試し読みした1巻と2巻はそのうち中古で買いたい)を新刊で購入しました。

ミステリと言う勿れ

1巻2巻のように単発で事件が起こるのかなと思いつつ、実はすべての事件がつながって・・・いる?となり、少し頭がこんがらがりつつも7巻まで1日で一気に読んでしまいました。

数日のうちに繰り返し読んで(早読みしすぎてしまった)もうちょっと理解度を深めたいと思います。

彼の「車に乗るということは誰かを(誤って事故で)死なせて可能性を自分が手に入れるので恐ろしいんです」というのは、普段から私も思っていることなので非常に共感しました。

まぁ、私の場合は反射神経?車を運転する能力が著しく低いせいなので、普通の人が気を付けて運転する分には問題ないと思っているんですけどね。というわけで私は20年来のペーパードライバーですし、今後も車を運転する予定はありません。比較的公共機関が豊富な土地に住んでるから特に問題ないですしね。

というわけで、新刊の発売が待ち遠しい本のうちの一つになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました